高校留学についての情報が満載

このサイトでは高校留学の際に、学生が使用できる各自治体や教育機関で設けられている制度について紹介しています。
交換留学・姉妹都市さらに奨学を受け取れるシステムなどがあるので、これらを活用することで経済的な負担を軽減しながら国際文化に触れられる留学がおこなえます。
特に留学先として人気があるオーストラリアでは、学生にとって学びやすくて過ごしやすいというメリットが大きい国で留学に打って付けのところといえます。

高校生が使えるオーストラリア留学制度は?

高校生が使えるオーストラリア留学制度は? 日本人留学生が年間5,000人も訪れているオーストラリアは、高校留学をする学生向けに姉妹都市・交換留学制度を政府が制定しています。
オーストラリアの各市が日本と姉妹協定を結んでいることもあり、特に日本人留学生を歓迎している国です。
交換留学制度を利用すればホストファミリー宅で生活ができるので、高校留学時の生活費を大幅に軽減することが可能です。
姉妹都市制度の利用も同様で、姉妹協定を結んでいる都市で暮らしながら地元の伝統文化に触れつつ多くの人々とコミュニケーションを取ることもできます。
語学だけでなく生活様式も体験することで、国際人に必要な見聞を吸収して世界をより深く知ることができるでしょう。
高校留学をすることで人生をより充実させられます。

オーストラリア高校留学でお得なアイセック(ISEC)とガーディアン制度

オーストラリア高校留学でお得なアイセック(ISEC)とガーディアン制度 オーストラリアの高校留学では、留学生向けのクラス「アイセック(International Secondary English Class:ISEC)」が存在します。
アイセックは、オーストラリアの高校特有の留学生専用のクラスです。
英語がある程度できると思っていても、突然外国に行くと基本的な言葉が喋れず、困ることが多いものです。
英語圏とはいっても、その国特有の文化、言い回しもあり、なかなかすぐに馴染むことはできません。
アイセックでは、英語の基礎や日常用語を教えてくれるため、徐々に英語が話せるようになった後で通常クラス「main stream」に映り、現地の学生たちと共に学べるようになります。
また、留学生が集まっているため、他の国から来た英語が母国語ではない他の国の外国人と仲良くなり、また違った文化に触れられます。
英語が苦手な者同士なので会話もしやすく、新しい生活にもなじみやすくなります。
アイセックに在籍した後通常クラスに移れますが、英語の能力が高い人は早いうちに移ることもできます。
また、オーストラリアではガーディアンと言う18歳未満の海外留学生に保護者後見人がついてくれる人が存在するお得な制度もあります。
病院の手配や書類の提出の手伝い、学校への登校付き添い、進路相談などの手続きをサポートしてくれるので、高校留学でもお子さんを安心して預けることができます。

もっと高校留学を知りたい

高校留学 オーストラリア