高校留学についての情報が満載

このサイトでは高校留学の際に、学生が使用できる各自治体や教育機関で設けられている制度について紹介しています。
交換留学・姉妹都市さらに奨学を受け取れるシステムなどがあるので、これらを活用することで経済的な負担を軽減しながら国際文化に触れられる留学がおこなえます。
特に留学先として人気があるオーストラリアでは、学生にとって学びやすくて過ごしやすいというメリットが大きい国で留学に打って付けのところといえます。

高校生が使えるオーストラリア留学制度は?

高校生が使えるオーストラリア留学制度は? 日本人留学生が年間5,000人も訪れているオーストラリアは、高校留学をする学生向けに姉妹都市・交換留学制度を政府が制定しています。
オーストラリアの各市が日本と姉妹協定を結んでいることもあり、特に日本人留学生を歓迎している国です。
交換留学制度を利用すればホストファミリー宅で生活ができるので、高校留学時の生活費を大幅に軽減することが可能です。
姉妹都市制度の利用も同様で、姉妹協定を結んでいる都市で暮らしながら地元の伝統文化に触れつつ多くの人々とコミュニケーションを取ることもできます。
語学だけでなく生活様式も体験することで、国際人に必要な見聞を吸収して世界をより深く知ることができるでしょう。
高校留学をすることで人生をより充実させられます。

オーストラリア高校留学でお得なアイセック(ISEC)とガーディアン制度

オーストラリア高校留学でお得なアイセック(ISEC)とガーディアン制度 オーストラリアの高校留学では、留学生向けのクラス「アイセック(International Secondary English Class:ISEC)」が存在します。
アイセックは、オーストラリアの高校特有の留学生専用のクラスです。
英語がある程度できると思っていても、突然外国に行くと基本的な言葉が喋れず、困ることが多いものです。
英語圏とはいっても、その国特有の文化、言い回しもあり、なかなかすぐに馴染むことはできません。
アイセックでは、英語の基礎や日常用語を教えてくれるため、徐々に英語が話せるようになった後で通常クラス「main stream」に映り、現地の学生たちと共に学べるようになります。
また、留学生が集まっているため、他の国から来た英語が母国語ではない他の国の外国人と仲良くなり、また違った文化に触れられます。
英語が苦手な者同士なので会話もしやすく、新しい生活にもなじみやすくなります。
アイセックに在籍した後通常クラスに移れますが、英語の能力が高い人は早いうちに移ることもできます。
また、オーストラリアではガーディアンと言う18歳未満の海外留学生に保護者後見人がついてくれる人が存在するお得な制度もあります。
病院の手配や書類の提出の手伝い、学校への登校付き添い、進路相談などの手続きをサポートしてくれるので、高校留学でもお子さんを安心して預けることができます。

オーストラリアに高校留学することで英語力をアップできる

オーストラリアは英語圏の国なので、生きた英語力を身に着けることができますし、日本だけでなく海外からも多くの留学生が訪れる場所です。
そのため高校留学をすることで、オーストラリアだけでなく他の国からの留学生とも交流を深めることができますし、国土が広いのでのびのびとした環境に身を置くことができます。
高校留学することで、提携をしている現地の高校で学ぶことができれば、卒業に必要な単位を修得することが可能です。
単位修得をすることで、帰国してからも一緒に入学した友人たちと同じ時期に卒業することができますし進路についても考えやすいのが魅力です。
ネイティブの人たちと一緒に生活をするので、聞き取り力をアップさせることができますし、生活をするので自ら話そうという自発性も身に着けられます。
高校留学で知識を身に着けたら、大学受験に必要なリスニング力も得ることができるので、試験結果も良いものを得られるようになるでしょう。

日本から海外へ高校留学をするならオーストラリアがお勧めです

グローバル化がますます進んでいて、私たちは国内だけでなく海外の人とも競争していかなければいけないことが増えています。
そのグローバル時代に、何よりも重要なのは、英語であることは言うまでもありません。
英語を勉強しに海外留学するにも一つの選択肢です。外国語を始めるには年齢が若ければ若いほどよく、その発音も正しくなります。
そこで高校生のうちに日本を脱出して、オーストラリアで高校留学してみてはどうでしょうか。
そこは日本から比較的近くて、飛行機で約6~7時間で行ける距離にあり時差もさほどなく、アメリカやイギリスなどで留学するよりも治安が良いので、親御さんも安心して我が子を高校留学させることができます。
費用の面でもアメリカやイギリスなどの学校よりは学費が安いのが魅力です。
高校留学で国際的な感覚を若いうちから身につけさせ、英語がレベルアップできれば将来は国際人として活躍できるかもしれません。
高校留学ならオーストラリアに決めませんか。

高校留学をして不登校を克服することの良さ

2020年4月時点で、全国に約200万人もの不登校児が存在していることがわかりました。特に高校生でその割合が顕著となっており、文部科学省では事の重大さを再認識しているほどです。学校に行かなくては知識を蓄えることもできず、将来に大きな影を落とすことでしょう。
そこでここでは、高校留学をおすすめします。簡単に高校留学の概要と良さを解説すると、地方の過疎地帯へと赴いてそこの住民宅で生活をしながら、近隣の学校に通うというものです。福岡から新潟・山形といった地域で募集をしており、都会からやってくる子供を受け入れています。3年間現地で暮らすことで、不登校児も自立をした生活ができるわけです。3年間で大きく成長する子がほとんどで、それ以降は勇気をもって生活をする方も増えています。
実際に経験なさった方々の体験談を目にすると、高校留学は人間を鍛える素晴らしいサービスだと言われている方がほとんどで、魅力があることもわかります。

高校留学は生活環境も大事なポイントである

これから高校留学をしようと考えている方が多くいるはずです。英語力をアップさせることができたり、コミュニケーション能力を鍛えることができるなど多くのメリットがあります。高校生から海外に出て学ぼうとすることは高く評価できます。
高校留学の際は学校だけでなく、生活環境も重視する必要があります。その理由は日本より安全性に問題があるところが多いからです。日本は世界トップクラスの治安であるため勘違いしてしまいますが、欧米では事件に巻き込まれてしまうリスクが決して少なくないです。日本のように女性が夜に一人で外出できる国はほとんどありません。
したがって、安心して生活できることを重視して留学先や住居を決めることが求められます。海外留学は様々なところにお金がかかってしまうため生活費を抑えようとするケースが少なくないですが、セキュリティの低い住居を選んでしまうのはナンセンスです。高校留学も安全性がかなり重要です。

もっと高校留学を知りたい

高校留学 オーストラリア